インデックス投信

インデックス投信とは、特定の証券市場指数(TOPIX日経平均株価など)と連動するように組入銘柄を選択してポートフォリオを構築して、つねに市場平均並みの運用成果をあげることをねらった投資信託

投資対象が多数の銘柄に広く分散されているため、相対的に小さなリスクで市場平均に近い収益をあげられるほか、投資先の選定が完了すると銘柄の入れ替えを原則として行わないため、運用コストも低くて済むなどのメリットがある。インデックス投資が採用される背景としては、安定したパフォーマンスに加え、インデックスポートフォリオが先物、オプション取引を利用した効率の良いヘッジに適しているからである。