インターナリゼーション

インターナリゼーションは、有価証券が取引所を通さずに、証券会社内部で取引される売買のこと。

顧客がプローカーへ買い注文を出したとき、証券会社がディーラーとして機能し、自己勘定に保有している株式を売る場合などが相当する。同様に、顧客の売り注文に対して、証券会社がその株式を買う場合もあてはまる。

この取引は株式を上場している取引所または市場に報告されるが、売買は証券会社内部で処理される。証券会社は、買い手の支払価格と、売り手の受取額の差額であるスプレッドを得る。

スプレッドが他の取引に比べて小さければ、買い手または売り手としての、顧客の利益になる。プローカーは、売買が最も速く、かつ最も有利な値段で成立するので、自己売買とも呼ばれるインターナリゼーションを選ぶことがある。