インタレスト・カバレッジ・レシオ

インタレスト・カバレッジ・レシオとは、損益計算書の実数分析で、金融融費用の支払能力あるいは金融費用支払の安全性を示す指標である。

企業の利子支払額に対する利払前利益総額の割合で表される。1990年に適債基準が債券格付に 一本化されるまでは,国内社債発行に際 しての適債基準の1つとして使われてきた。