インタレストカバレッジレシオとは

インタレストカバレッジレシオ(interest coverage ratio)とは、企業の利子支払額に対する利払前利益総額の比率のこと。

企業の金融費用の支払能力あるいは金融費用の支払の安全性を示す指標として使われる。会社債権者は、この比率が高ければ高いほど自己が保有する債権に対する支払が確実であると考えることができる。

債券のデフォルトリスクに対する評価尺度として最も基本的なものである。日本でも、1990年に適債基準が債券格付に統一されるまで、社債発行のときの基準の1つとして使われていたことがある。