インサイダー取引とは

インサイダー取引とは、上場している会社の役員や従業員、大株主、取引先、その他会社の関係者が、その会社の株価に大きな影響を与えるような会社の業務に関する未公開の重要事実を利用して、証券の売買によって利益を得るか損失を逃れる行為をいう。

情報を知らない部外者の損失において内部者だけが利益を得るものなので、違法行為として法律で禁止されている。違反者には刑事罰が課される。役員、従業員、主要株主には、自社株売買の報告を義務付けている。

このようなインサイダー取引規制の実効性を高めるために、一部の大手企業では情報管理の強化や部門間の情報のやり取りを禁止するチャイニーズウォールの設置などを行っている。