インカム・ファンド

インカム・ファンドとは、現金配当利回りの高さとその安定性に注目して運用するファンドのこと。

インカムとは現金配当、株式配当など株主が企業業績に応して受領するものを意味する。株価の上昇を狙う成長ファンドと異なり、保守的・安定的に利回り確保を第一義に運用する。

高利回り株の他に、元本が安全で利金も確定している日本の国債や転換社債も組入対象とする。日本では株式としては電力株だけが約2%の比較的高い配当利回りとなっている。長期国債の利回りは通常3~9%で推移する。

インカム・ファンドの反対語はグロース・ファンド(成長株ファンド)である。日本の株式の長期投資のリターン(配当+値上り)は最近8年間について平均すると年 間約9%である.→ グロース・ファンド