イミュニゼーションとは

金利変動を源泉とする債券投資のリスクには、債券の価格が変動するリスクと、受け取った利息を再投資するときの金利の変動リスクがある。この価格変動リスクと再投資リスクは互いに相殺しあう傾向にある。

金利上昇時には手持ちの債券は値下がりするが、再投資する債券の利回りは逆に上昇するから再投資収入は増加する。金利下落時にはこの逆の変化が生じる。ここで一方の損失をもう一方の利益で埋め合わせることさえできれば、この収益変動リスクを回避することができる。

将来の収益変動リスクを回避しようとして考えられた運用手法として、イミュニゼーションデュレーションマッチング運用がある。