アンダーライター業務とは

アンダーライター業務(underwriting business)とは、有価証券の発行において、それを不特定多数の人々に売り出す目的で発行者からその総額または一部を取得する、あるいは売れ残りが生じたときは残額をすべて引き取るという契約のもとに行われる業務。これによって有価証券の発行者は不成立のリスクを防ぎ、確実に資金調達を行うことができるというメリットがある。一方で、引受をする側は、売れ残るリスクを負う代わりに報酬を得ることになる。

日本では、長期利付国債、政府保証債といった債券は、通常、証券会社や銀行等の金融仲介機関による引受によって発行されている。また、事業債は、証券取引法65条で証券会社以外の引受が禁止されている。

なお、株式については近年、証券会社の引受による公募時価発行が定着している。