アレンジャーとは

私募債発行のときに発行者と購入者(機関投資家など)が直接買取契約を結ぶことになるが、そのときに発行を円滑に進めるために設けられる役割をアレンジャー(斡旋人)と呼ぶ。

アンダーライター(引受人)と異なり発行リスクは負わない。そのため、銀行や生命保険会社も業務として行うことができる。大手の証券会社や銀行がアレンジャーになることが多い。

発行のたびに1,2社が選ばれる。アレンジャーはできるだけ有利な条件で私募債が発行できるように発行会社に助言するアドバイザー機能も持つ。

スワップ取引などにおいても、それを仲介する業者はアレンジャーと呼ばれる。