アモチゼーシヨンとは

アモチゼーシヨン(amortiZation)とは、償還価格を上回る価格で社債を購入した際、簿価と償還価格との差額分を社債の償還期限にあわせて定額で減額し簿価を修正する方式のこと。

債券をオーバーパーで購入した場合、購入者はこれを取得原価で帳簿に記録する。この際、何らかの会計上の処理を施さないまま償還を迎えると、償還期に償還差損が一度に計上される事になる。

期間収益を安定化させるという観点からは望ましくないため、これを取得日から償還日までの期間に合理的に配分することが、商法では認められている。継続性の原則から、一度この会計処理方法を適用した場合には全債券に均―・継続的に行う必要がある。→ アキュミュレーション,オーバ ーパー償却