アセットアプローチとは

アセットアプローチ(asset approach)とは、為替レート決定のメカニズムにおいて、資産市場での需給均衡を重視する考え方の総称である。

従来の国際収支を重視する考え方(フローアプローチ)に代わるものとして70年代ごろから注目されるようになった。

内外債券の間にリスクとリスクプレミアムの差があるという考え方から、債券市場の均衡を重視するポートフォリオバランスアプローチと、内外債券の間に完全な代替性があると仮定し、通貨市場の均衡から為替レートを説明しようとするマネタリーアプローチがある。