アジア通貨危機とは

アジア通貨危機とは、1997年7月のタイ・バーツの暴落に始まる、一連のアジア通貨の急落とそれにともなう経済的混乱のこと。タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどのASEAN諸国通貨に続き、韓国ウォンも急落した。東アジア、東南アジアの各国経済に大きな悪影響を及ぼした。狭義にはこれらのアジア各国通貨の暴落のみをさすが、広義にはこれによって起こった世界的な金融危機を含む経済危機を指す。