アジアドル債とは

アジアドル(グラー)債とは、アジアの銀行に預けられているドル資金のことである。

アジア諸国は世界の他の地域に比べて, 高い経済成長をとげており、その過程で多くの 国々が外貨準備高を増やしてきた。海外からの資金流人が活発で、同地域に滞留するドル資金が急拡大した。

最近では、日本を除くアジアの市場で値決・募集・売買される債券のドラゴン債市場が起債市場として注目を集めている。なお, ドラゴン債の正式な第1号は,1991年12 月にアジア開発銀行が計3億ドルの起債 を,香港, シンガポール,台湾の3つの 市場で同時に実施したことに始まる。93 年には起債件数が11件,発行総額は30億 ドル弱に増力nし,94年1~ 6月期だけで も18億ドルを超える発行となっている。