アクティブ運用

アクティブ運用とは、独自の見通しや技法を駆使して日経平均やTOPIXなどのベンチマークとは異なるポートフォリオをつくり、ベンチマークよりも高い収益率を狙う運用方法を指す。ポートフォリオを決める戦略のひとつ。アクティブ運用には優れた情報の収集力と収集した情報の高度な分析力が必要とされる。

インデックスファンドなどベンチマークと同様のリスクとリターンのポートフォリオを構築するパッシブ運用とは異なる。

アクティブ運用は日経平均やTOPIXなどのベンチマークよりも相対的に高いパフォーマンスを目標としており、絶対リターンを追及するものではない。

ある資産に特化したものとしては、株式投資ではバリュー株成長株投資、債券投資では金利見通しに基づくデュレーションの選択、さらにそれに加えて外国証券では為替への投資を挙げることができる。また、セクターローテーションや戦術的アセットアロケーションもアクティブ運用の範疇に含まれる。

仮に効率的市場仮説が成立するとしてもアクティブ運用が完全に否定されるわけではなく、ウィークフォームの効率的市場仮説が成立する場合は、テクニカル分析の有効性は否定されるが、ファンダメンタル分析は否定されない。しかしセミストロング・フォームが成立する場合は、ファンダメンタル分析の有効性も否定されてしまうことになる。