アキュムレーションとは

額面金額を下回る価格で取得した債券は満期に償還差益が生じるが、これを期間中の各期に比例配分して簿価をあげること。恒常利回り償却によって行われることが多い。キュームレーションは、保有者が株式会社である場合は認められている。
この増減については、商法(285条の5)、会計理論(企業会計原則注解22)、法人税法(法人税基本通達412)で定められている。

オーバーパーの場合は逆に簿価を引き下げていくことになるが、これをモーチゼーションと呼ぶ。