アキュミュレーションとは

アキュミュレーション(accumula_tion)とは、債券の償還時点で簿価が償還価格を下回っている際に、その差額(償 還差益)を償還日までの間一定均等額で 増額する事で簿価を修正する方法の事。」

通常は、社債の償還日を迎えた時点で簿価が償還価格を下回っている際にその差額を償還差益として計上する。一般的には償還差益償還日に一括で受け取るが、投資家の期間収益を安定化させるという原則により、これを取得日から償還日までの期間に配分したほうが望ましいと考えられた。

なお、保守性 の原則から,アキュミュレーションによ る簿価の修正はほとんど行われていない。