アウト・オブ・ザ・マネー

アウト・オブ・ザ・マネーとは、金融商品に対してオプションを保有している場合、その商品の市場価格とオプションの行使価格の間に開きがある状態のこと。

価格が上昇すると推測されるときに購入するコール・オプションは、市場価格が行使価格を下回っているとアウト・オブ・ザ・マネーとなる。
原証券の価格が下落すると思われるときに購入するプット・オプションは、その原証券の市場価格が行使価格を上回るときにアウト・オブ・ザ・マネーとなる。