ろうばい売りとは

ろうばい売りとは、予想していなかった悪材料が出たときなどにうろたえてむやみに売り急ぐことをいう。「ろうばい投げ」ともいう。

堅調に推移していた株価が突発的な悪材料で急落してきたときに、乗り遅れまいとする売りの動き。

高値警戒感が出ているときに発生しやすい。