さやとは

さやとは株価の開きや差のこと。株価の開きがない場合を「同ざや」、株価の開きが小さくなっていく場合を「さや寄せ」と呼ぶ。

「上ざや」「下ざや」「順ざや」「逆ざや」などという使われ方をする。